宮崎ならデメリットも補えそうですよね!

クリーンなエネルギーシステムで、節約にもなる太陽光発電ですが、デメリットがあることも、否定できません。
それは、誰もが一歩踏み出せない原因になっている導入のコスト、さらにソーラーパネルだけでも高い出費なのにそれを取り付ける工事が必要であること、さらにエネルギー発生率が、自然環境に左右されてしまう事が挙げられます。
nullただ、もし暮らしている場所が宮崎なら、そのデメリットも十分に補えそうです。
まず、導入コストですが、補助金制度がしっかりしており、九州でナンバーワンの日照時間を誇るので、導入コストを取り返す期間も、このふたつによってかなり短く出来るでしょう。
この先も、現在も、ソーラーパネル自体が進化しているのも、期待できそうですね。
こうやって書くと、じゃあ、導入コストが下がれば下がるほど、お得になるのだからもう少し待ってみようと考えるかもしれません。
しかし、それだと宮崎での手厚い太陽光発電に対する補助金もなくなってしまう可能性もあり、実質損になる可能性もあるので、やるなら早めにしたいものです。