宮崎市で行う大規模な太陽光発電

近年、企業が大規模な太陽光発電システムを作り、電力生産事業に乗り出し始めました。
不況や円高の影響でどんどん企業が海外に移転し、跡地が活用されずそのままになっていたところに目をつけ、メガソーラーの拠点にしようという考えは、エネルギー政策のあり方も見直させてくれます。
宮崎はそんなメガソーラーができた第一番目の街だったのではと記憶していますが、宮崎のような太陽がよく照りつけるところに大規模発電の先駆けとなる施設ができたことは、喜ばしいことでしょう。
宮崎市をはじめ、宮崎県下の市の市民の太陽光発電への考え方も、変わったのではないかと思います。
これから先、宮崎市においてどんどん遊んでいる土地を利用しての大規模な太陽光発電が増えていけば、各家庭においても太陽光発電を取りつけようという気持ちになるのではないかと思います。
大規模な太陽光発電によって電力料金が安くなりでもすれば、もっと太陽光発電の素晴らしさを実感することになり、各家庭での設置もすすみそうな気がするのでした。