南国の太陽光発電に期待

太陽光発電で効率よく電気を作ろうと思えば、太陽光が長時間あたることと、晴れの日が多いことが条件として挙げられると思います。
南国なら晴れた日も多いでしょうし、そもそも太陽が顔を出している時間も長いと考えられることから、太陽光発電にはもってこいの適した土地ということになります。
実際、北の方へ行けばいくほど、太陽光発電の導入件数は少なくなってくるそうで、これは多分に太陽光がどのくらい集められるかという気象条件によるものと思われます。
南国でなら効率よく太陽光発電で電気を作れるとなれば、こうしたところからどんどん太陽光発電システムを導入していってもらいたいものです。
宮崎市なら、太陽光発電には申し分ない気象条件を満たしていると思われますので、南国宮崎のパワーを太陽光発電で証明してほしいと思います。
特産品のマンゴーが太陽の光を浴びておいしく育つように、電気もいっぱいの太陽から作りだし、九州の太陽光発電リーダーになってほしいものです。