宮崎県で太陽光発電を活用し電気料金を節約する

九州電力は現在玄海原子力発電所の4機の発電所と川内原子力発電所の2機の発電所、合計6機の原子力発電所の運転を休止しており、火力発電による送電割合が大幅に上昇しています。
九州電力の送電地域となる宮崎県内にお住まいの方は、今後九州電力が電気料金を値上げする事を予測して太陽光発電システムを購入、設置された方が多くおられます。
太陽光発電システムを購入して自宅に設置する事により、日中使用する電力は太陽光発電システムが発電する電力でカバーし、使い切れなかった電力は電力会社に販売して家計に足しにもなるでしょう。null
九州電力には「よかナイト10」という契約プランがあり、夜間の22時から翌朝8時までは電気料金が非常に安く、日中は電気料金が割高になる料金プランを用意しています。
日中は太陽光発電の電気を使用して、夜間は非常に安い九州電力の電気を使用するとトータルの電気料金を大幅に節約できますし、余剰電力は電力会社に販売できるので大きなメリットとなるでしょう。