福岡市の太陽光発電システムの補助

これまでは、国による太陽光発電システムの設置の際の補助金や、余剰電力の買取制度を紹介してきました。
確かにこれらの補助金も魅力的ですが、これだけでは、まだまだコストが回収できそうにありません。
そこで、さらに利用したいのが、県や地方自治体で実施している、太陽光発電システムの補助金制度です。
これらの補助金制度は、国が実施している補助金と重複して受け取ることができます。
うまくいけば、国、都道府県、市区町村と、3つから太陽光発電システムの補助金を受け取ることができる、というわけです。
では、福岡県福岡市に住んでいる人は、太陽光発電システムに関して、どのような補助金制度があるのでしょうか。
福岡市に関しては、「福岡市住宅用新エネルギー設備等設置補助」という補助金制度があります。
「福岡市住宅用新エネルギー設備等設置補助」が対象としている設備は、太陽光発電システムと、家庭用燃料電池です。
では、補助金の金額というのは一体いくらになるのでしょうか。
太陽光発電システムの場合も、家庭用燃料電池の場合にも、1件あたり100000円となります。
太陽光発電システムに関しては、パネルの出力の大きさや、本体価格に関係なく、一律100000円となっています。
その他にも、補助金が交付されるには、いくつか条件があります。
発電の出力が2キロワット以上のものでなければなりません。
未使用のものでなければなりませんので、中古のものを取り付けても、補助金は出ません。
また、申請に関しては、必ず工事着工前に申請をするようにしてください。
そうしないと、補助金が交付されません。
システムだけではありません。
システムを取り付ける建物にも条件があります。
一戸建て住宅の場合には、既存の住宅に新たに太陽光発電システムを取り付けるか、すでに取り付けられている新築住宅を購入する必要があります。
分譲マンションの場合には、共用部分で使用することを前提として、管理組合単位で申請します。
賃貸マンションの場合には、対象の賃貸マンションに太陽光発電システムを設置するものとされています。
このように、福岡市では、様々な人に太陽光発電システムを設置してもらおうとしています。